サイトタイトル・サブナビゲーション・サイト内検索を読み飛ばす ナビゲーション部分を読み飛ばす
  1. 中国情報通信懇談会トップページ
  2. 各部会の活動
  3. 電波利用促進部会
  4. 活動報告

活動報告

ユビキタスフォーラム´11.06

  1. 目的
     災害時に被災者の安否確認、建築物の状況等を迅速・正確に収集するための無線システムの構築に向けた取り組み及び世界最先端のワイヤレスブロードバンド環境の実現に向けた周波数の確保、ホワイトスペースの活用、周波数オークション制度の導入に関する検討状況など最新の電波政策動向を紹介する講演を実施し、地域での利活用について考える機会とします。
  2. 日時
    平成23年6月17日(金) 15:00~17:45
  3. 場所
    広島YMCAホール 本館地下 国際文化ホール
    広島市中区八丁堀7-11 / 電話:082-227-6816
  4. 内容
    講演1:『地域における安心安全のためのRFIDの利活用に関する調査検討報告』[PDF 2.47MB]
    ~災害対策等に導入が望まれるRFIDシステムの実用化に向けて~

    講師:新潟大学 工学部 情報工学科 教授 牧野 秀夫 氏

    講演2:『新たな電波利用政策の展開』[PDF 9.12MB]

    講師:総務省 総合通信基盤局 電波部 電波政策課長 渡辺 克也 氏

  5. 主催
    総務省中国総合通信局、広島市、中国経済連合会、広島商工会議所、中国電子タグ(RFID)利活用研究会、中国情報通信懇談会
    協賛
    情報通信月間推進協議会
    後援
    公益財団法人ひろしま産業振興機構、社団法人広島県情報産業協会
  6. 参加者
    160名
    アンケート集計結果[PDF 160KB]

ページの先頭へ戻る